[芸能] RAIN 9月戦友マラソン参加『コースは走らず、公演だけ』

軍服務中の韓流スターRAIN(レイン・本名チョン・ジフン)が9月15日ソウル矣島漢江(ヨイドハンガン)市民公園で開かれる、戦友マラソンイベントに参加、マラソンは走らずに公演だけを行う予定だ。
イベント関係者は25日enewsに「チョン・ジフン一等兵はマラソンは走らず、公演だけ行う」と伝えた。関係者によれば、今回の戦友マラソンイベントにRAINが参加すると知らされると、主催者側にはファンからのRAINがマラソンに参加するのかの問い合わせが後を絶たなかったという。しかし、この日は他の広報支援隊員たちと慰問公演イベントだけを行う予定で、コースは走らない。
RAINはこの日、他の広報支援隊員である、ユゴン、イム・ジュファンファン、キム・ジェウク、KCMらと一緒に、慰問公演イベントを行う予定だ。
戦友マラソンには軍の兵士の他にも一般人の参加が可能だ。ハーフ、10km、5kmのコースを用意している。今月末までホームページなどを通じて申し込み出来る。
RAINは3月広報支援隊に転入した後、何度か軍関連の公演を行った。転入するなりベトナムに行き、韓-ベトナム修好20周年記念招待演奏会のステージに立った。当時ベトナムにもRAINのファンたちが集まり、大きな話題になった。その後5月、こどもの日のイベント出席、6月16日には国防広報院が主催するK-POP特集公演のために、麗水(ヨス)エキスポのステージにも立った。国軍放送FMの軍慰問番組である『慰問列車』のステージにも何度も立っている。
RAINはこれまで多くの公演を行ってきたが、ソウルでは姿を見ることが難しかった。6月22日には国立顕忠院に国防広報院と国立顕忠院の主催で開かれたイベントに参加したが、イベント自体が一般人たちに知られてなかったため、それほど多くの人は参加できなかった。
このためにソウル、それも都心の真ん中で行われる戦友マラソンイベントにRAINが参加するというのは、ファンたちには嬉しい知らせだ。
RAINは現在、広報支援隊員として服務中で、各種慰問イベントに参加している。また、国軍放送FMで週末番組『RAIN-KCMの疾走本能』をパーソナリティをしている。
一方、RAINが軍入隊前最後に出演した映画『R2B:リターン・トゥ・ベース』は、8月15日封切予定だ。

©enews24 2012年 07月 27日 14:03