[映画] 『泥棒たち』公開初日に43万人! 韓国映画史上 最高記録更新

チェ・ドンウォン監督の新作『泥棒たち』のスタートダッシュは上々だ。
映画振興委員会映画館統合ネットワークによると『泥棒たち』は公開初日の25日に43万6,628人の観客を動員した。これは歴代韓国映画史上、公開初日の最高記録だ。今までの1位は『グエムル-漢江の怪物-』の39万5,951人だった。2006年公開された『グエムル-漢江の怪物-』の配給会社基準の公開初日記録は44万7,000人余りだ。
『泥棒たち』の配給会社側は「映画振興委員会の統計より、配給会社の統計が普通高い」「26日午後、配給会社の統計が出れば、『泥棒たち』もやはり、記録が伸びると思われる。配給会社の記録も『グエムル-漢江の怪物-』より高くなると予想される」と話した。
『泥棒たち』の記録は今年最高の公開初日動員数を達成した、『ヨンガシ』の19万余人よりも2倍以上の数字だ。
2012年国内公開映画の中では2位の記録。19日に封切られた『ダークナイト・ライジング』が公開初日、44万996人の観客を動員した。『泥棒たち』はこの記録に少し遅れを取った。
しかし、『泥棒たち』は25日の興行成績では『ダークナイト・ライジング』を圧倒した。平日にもかかわらず20万人をはるかに超え、絶大な人気を誇る『ダークナイト・ライジング』は20万人を超えられず、19万4954人を動員して終えた。
『泥棒たち』はひとつのダイアモンドを奪うため、ひとつのチームになる泥棒たちのストーリーをスピード感のある展開で描く、犯罪アクションドラマだ。『タチャ』のチェ・ドンウォン監督がメガホンを取った。キム・ユンソク、キム・ヘス、イ・ジョンジェ、チョン・ジヒョン、キム・ヘスク、キム・スヒョンら、多様な世代を代表する俳優たちが出演した。

©enews24 2012年 07月 26日 18:29