[K-POP] ジュンス 北南米5都市でワールドツアー確定!

「全世界のファンたちにまた会えると思うとドキドキする」
男性グループJYJのジュンスが北米と南米での公演会場を確定し、本格的なワールドツアーに突入した。
韓国男性ソロ歌手として初のワールドツアーに挑戦しているジュンスの今回の公演は、北米地域からは米国、南米地域からはメキシコ、ブラジル、チリが確定した。
ジュンスのワールドツアー最初のコンサートは、8月30日ニューヨークで開かれる。会場は米国有名アーティスト、パフ・ダディ、ニッキー・ミナージュらが公演した場所で、2010年JYJがショーケースを行った場所だ。当時JYJを見るために、多様な人種の米国人が多数訪れ話題になり、8月のジュンスソロワールドツアーにも足を運ぶことになるだろう。
9月2日には最高のポップ歌手ジェイ・ジ―とジャスティン・ビーバーが公演したL.Aハリウッドパラディウムで公演を行う。
ジュンスはすぐに南米大陸に移り、9月6日メキシコの首都、メキシコシティー、9月8日ブラジル サンパウロ、9月10日チリのサンティアゴの順でワールドツアーを続けて行く。特にチリ サンティアゴの会場は、3月にJYJのワールドツアーで南米ファンたちの熱狂的な歓声を受けた場所だ。
南米公演関係者は25日、C-JeSエンタテインメントを通じて「南米でのジュンスのワールドツアーの知らせに、ファンたちは熱狂している。連日公演の話題だ」とし、「実際、経費や収益の次元では南米ツアーが魅力的ではないことはよくわかっている。しかし、事務所の戦略通り、今回の公演後に北南米全体に肯定的な影響が及ぶはず」と話した。
ジュンスは「最近米国に滞在し、シングルとミュージックビデオの作業をした。今回のシングル作業の出来栄えはとても満足だ」「全世界のファンたちにまた会えると思うと、期待とときめきを隠せない」と気持ちを明かした。
C-JeSエンタテインメントは「ワールドツアーは終わりなき挑戦課題だ。ソロ歌手として北米と南米のツアーをすることは、米国のポップス歌手たちでも難しい事だ。今回も無事やり遂げるだろうし、環境とシステムにも自信がある」とコメントした。
ジュンスは来月7日、香港コンサートを最後にアジアツアーを終え、北米、南米、ヨーロッパなどでソロワールドコンサートを開催する予定だ。

©enews24 2012年 07月 25日 18:52