[芸能] チャン・グンソク 横浜で2万2千人動員『韓流プリンスの威厳を見せつけた』

俳優チャン・グンソクが横浜でなんと22,000名の観客を動員して、ソウルに引き続きアジアツアーの成功的な歩みを続けている。
チャン・グンソクは21日、22日の両日、横浜で行われた『2012チャン・グンソクアジアツアーTHE CRI SHOW 2』に各日1万1,000席を完売させ、韓流スターとしての威勢を見せつけた。
今回の公演にはチャン・グンソクが普段好きなアーティストに選び、親交を深めてきたビジュアルロックバンド、L'Arc-en-Ciel(ラルク・アン・シエル)のhyde(ハイド)が公演を観に訪れ話題を集めた。hydeを始めサッカーの中田英寿ら、日本の有名芸能人たちと日本の放送関係者が贈った21個の花輪がずらりと並んだのは勿論のこと、チャン・グンソク公式Cri-jファンクラブで行われたワールドプリンス写真イベントまで、チャン・グンソクの横浜公演を祝う珍しい光景が広がった。
実際、チャン・グンソクと同い年の息子がいるという60代白髪の熱血ファンのおばあさんから、お母さんと一緒にファンクラブの会員になった10歳の男の子、公演の間中大きな声でチャン・グンソクの名前を叫び続け、注目を浴びた男性ファン、そして足が不自由なのにも関わらず車椅子で会場まで駆けつけた40代の女性など、チャン・グンソクの2012アジアツアーの初日本公演を観ようと大勢のファンたちが集まった。
今回の横浜公演はオリコンデイリーチャートはもちろん、ウィークリー1位まで席巻し気炎を吐いた、初フルアルバムをライブで初めて披露するだけに、日本のファンたちの期待が熱かった。公演開始前『Just Crazy』の収録曲『Stay』のミュージックビデオを突然公開し、わずかな部分までファンたちに感動を与えた。
ついに公演開始、大人たちが忘れてしまったファンタジーを満たしてくれるチャン・グンソクの『マジックワールド』が華麗に幕を開け、致命的なマジシャン、チャン・グンソクが登場。横浜アリーナに割れんばかりの歓声がこだました。『Let Me Cry』などを歌った後、「僕が歌詞を書いた曲です」とのコメントで口火を切ったチャン・グンソクは「久しぶりに会いますね?」と横浜のファンたちに挨拶した。
チャン・グンソクはまた、昨年8月にドラマ『メリは外泊中』日本プロモーションで同じ会場を訪れた俳優としての公演とは違う点を強調し、「今は『歌手』になりました」と新たな始まりを知らせ、ファンたちを熱狂させた。公演途中「横浜で発表する?」とファンたちの強い要望により、11月さいたまスーパーアリーナでの公演が決まったことをサプライズで公表した。
ソウルより大規模の横浜アリーナで『THE CRI SHOW 2』の華麗なステージの真価が発揮された今公演では、アーティストとして成長したチャン・グンソクの姿をそのまま見せてくれた150分間の完璧なライブステージで成功裏に公演を終えた。
チャン・グンソクは日本5都市(横浜、大阪、名古屋、福岡、埼玉)と上海、台湾、タイなどの中華圏、東南アジア4つの地域でアジアツアーを継続する。

©enews24 2012年 07月 23日 19:00