[芸能] ニックン タイで俳優として試写会参加「感慨ひとしお」

男性グループ2PMのニックンがタイでの映画俳優デビュー作試写会を成功裏に終え、帰国した。
ニックンの所属事務所JYPエンタテイメントは21日enewsに「ニックンがタイ映画プロモーションのために19日出国、沢山の声援の中で記者会見と試写会を成功裏に終え帰国した」と明らかにした。
ニックンの映画俳優デビューで話題を集めていた映画『Seven someating』はタイ最大の映画会社GTH社の創立7周年記念映画で、同社は韓国内では映画『Phobia2』『Hello Stranger』『Bangkok Traffic Love Story』でよく知られている。
GTH社の7周年記念プロジェクト『Seven something』は人生には7年ごとに変化があるというコンセプトで、3名の監督たちが描き出す人生と愛の3編から成るオムニバス形式の映画だ。ニックンは『14』『21/28』に続き、3番目のエピソード『42,195』の主役を任され、女性主人公が無気力な人生の中で、愛と生きることの意味を探すようになる重要な役柄を演じ、新人らしからぬ熱演を繰り広げた。
映画封切を前に行われたニックン単独記者会見には、200名余りの記者団が集まり、質問とフラッシュの嵐が続いた。これに続いた舞台挨拶とレッドカーペットには300名余りの取材陣たちはもちろん、ニックンに会うために現場まで訪れた2,000名あまりのファンたちの熱い歓声が続いた。
特に試写会は1,000名規模の超大型試写会が進行され、JYPエンターテイメントの役員たちはもちろん、主要メディアと現地関係者たちが客席を埋め尽くし、26日の現地封切を前に、タイ現地で映画とニックンに対する関心がどれほど熱烈であるかを確認できたとの裏話だ。
ニックンは「映画俳優としての初デビュー作試写会に参加でき、とても嬉しく、感慨ひとしおだ。とても幸せな気持ちで撮影した映画なので心に残るようだし、待って下さって、また助けて下さった全ての方たちとスタッフの皆さんに感謝します」と伝えた。
ニックンは映画のプロモーションを終え、21日午前に帰国。

©enews24 2012年 07月 23日 18:38