[K-POP] シン・スンフン 故パク・ヨンハに捧げる曲 「本当の兄弟みたいな仲だった」

歌手シン・スンフンが故パク・ヨンハに歌を捧げて、注目された。
シン・スンフンは14日午後7時、ソウル上岩ヌリクムスクエア1階ステージで開かれた『ONE CONCERT』で300名の観客の前で「パク・ヨンハは本当の弟のようだった。私が長男、俳優キム・ミンジョンが二男、パク・ヨンハが三男、カンタが末っ子で4人が本当の兄弟のように過ごしてきた」と故パク・ヨンハとの縁が深いことを明かした。
この日のコンサート映像には故パク・ヨンハが生前、日本でコンサート中だったシン・スンフンの元を訪れ、花束をプレゼントしてにこやかに笑っている姿が登場し、観客たちは目頭を押さえた。シン・スンフンは代表曲『僕より少し高い所に君がいるだけ』を捧げたいと話し、「彼の死によって感じるようになった悲しい感情をこの曲に込めたい」と選曲した理由を付け加えた。
この曲を書いた当時は自分をとてもかわいがってくれた祖母が亡くなった時の悲しみ、Deuxのキム・ソンジェを事故で失くした悲しみなどを歌で表現した曲だった。
シン・スンフンは「愛する人を見送る事は一番つらい。この時の悲しみを通じて、今は傍にいてくれる人たちをもっと愛さなければと心に誓った」と話し、自分との特別な縁があって、同じ場所に集まった300名の観客たちに向かって「皆さん、愛しています」と感謝の気持ちを伝えた。
こういった流れの後、シン・スンフンが聞かせてくれた『僕より少し高い所に君がいるだけ』に観客たちは涙を流した。その後もこの日のコンサートではシン・スンフンの代表曲やファンたちとのつながりを込めた歌で満たし、感動を呼んだ。
ケーブルチャンネルMnetが新たに贈る、新概念音楽コンサート番組『ONE CONCERT』は25日12時放送。同番組は7月から毎月1回、テレビでは出会うことが難しかった伝説的なミュージシャンがショーホストになり、直接招待状を送った観客を招待し、彼らとの大事なつながりなどをを音楽とトークで解き明かす番組だ。

©enews24 2012年 07月 19日 18:21