[芸能] 『真夜中のTV芸能』MCユン・ドヒョン&スヨン 抜群のチームワークで『19禁進行もOK?!』

ユン・ドヒョンと少女時代スヨンがパートナーとして抜群の相性を見せている。
SBS『真夜中のTV芸能』のMCとして、息を合わせている2人はMCの席に座ってまだ日も浅いが、余裕あるトークで番組の活力源になっている。卓越した瞬発力を土台にした2人の息の合った姿は18日の放送でも光っていた。
この日の放送で紹介した内容は『コ・ソヨンのお菓子』論争を基にした企画だった。コ・ソヨンが妊娠していた当時、好んで食べたとされる菓子が実際は食べたこともないという事実が明かされ、議論をよんでいたもの。この日の放送ではスターたちの名前を利用して、虚偽誇大広告をした一部の企業の行きすぎた行為と深刻さを扱い関心を呼んだ。
そんな中、2人のMCはその内容に言及しながら、芸能人の名前盗用の重要性を呼び起こした。2人はその危険にさらされる可能性がある当事者であるだけに、誰よりもその重大さをよく知っているはずだ。
まずスヨンが「女性芸能人にとって悪意のある書き込みの次に怖いのは、名前盗用じゃないかと思う」と話し、ユン・ドヒョンは「アダルトサイトを見ると、実際に女性芸能人たちの名前になっていて、本当に大きな問題だと思う」と話し、事態の深刻さをうかがわせた。
しかし状況はここで一転した。スヨンが突然「ユン・ドヒョン先輩はどうしてそんなに詳しいんですか?」と返したのだ。一瞬うろたえたユン・ドヒョンの表情が笑いを誘ったが、平静を取り戻した彼は「大人(アダルト)だからだよ。大人ですから」と強調し、再度現場を笑いの渦にした。続いていた真剣な雰囲気が2人のアドリブによって、緊張感がほどけた瞬間だった。抜群のコンビネーションが光った放送だった。
ユン・ドヒョンは「とにかく顔のないサイバー空間なので問題が更に大きくなるが、何か法的な対処を準備しなければならない」と話し、この企画をきっちりとまとめ上げた。

©enews24 2012年 07月 19日 18:00