[K-POP] カムバックしたB.A.P 新しいアルバムを5万枚すべて廃棄決定…なぜ?

19日にカムバックする新人のB.A.Pが悪材料に見舞われた。
B.A.Pは19日にリリース予定だったファーストミニアルバム『NO MERCY』5万枚すべてを廃棄する決定を下し、音盤リリースの日程を延期した。午前0時に音源5曲とタイトル曲のプロモーションビデオ公開と同時にアルバムの発売を予定していたが、完成品に問題点が発見されて再製作することを決めた。
所属事務所のTSエンターテインメントの関係者は「19日にオン・オフライン同時発売に総力を傾けていたが、アルバムに封入される印刷物の色感に問題点を発見した。毎回、最高の音盤をプレゼントするというファンとの約束を守るために全量廃棄することを決定した」と明かした。
B.A.Pの新曲は、アルバムの全量廃棄という悪材料にもリアルタイム音源チャートで好感触を得ている。メロン、ソリバダなどの主要音源サイトチャートで10位圏内にランクされ順調な滑り出しだ。『NO MERCY』はノリのよいヒップホップリズムにロックが加えられた曲で、メンバーのパン・ヨングクとゼロの"方言ラップ"が印象的だ。19日、ケーブルチャンネルMnet「MCountdown」を皮切りに活発な放送活動に突入する。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 07月 19日 15:56