[K-POP] PSYからSunny Daysまで…ロンドンオリンピック応援歌ブーム

2012ロンドンオリンピックがあと10日余りに迫った中、今年も様々な『オリンピック応援歌』がリリースされ、人目を引いている。
『オリンピック応援歌』をリリースした歌手たちは、それぞれ色々な方法で今回のロンドンオリンピックに出場する大韓民国選手団の応援に立ち上がった。
まず『チャンピオン』を始め『We Are The One』などを発表し、応援歌熱風の先頭に立つPSY(サイ)は、今回のロンドンオリンピックの公式応援歌である『KOREA』を披露し話題を集めている。PSYが国立国楽院と手を組み完成させた『KOREA』は、国楽とロックが組み合わさっており、特にPSY独特の楽しさが引き立つ曲だ。
アイドル歌手たちが大挙参加した曲もある。サムソン電子は5日、SISTAR、2PM、4Minute、Miss Aら、国内を代表するアイドル48名が参加したロンドンオリンピック応援歌『Win the Day』を公開した。
お笑いのユ・セユンのUVも自ら作詞、作曲した応援歌『Luck To Everyone』を披露するなど応援歌熱風が熱い。
そこへ17日、新人グループSunny Days(サニーデイズ)が国家代表選手の勝利を祈願した応援曲『Glory Korea』を披露し、応援歌ブームに合流した。強烈なロックサウンドをベースに、華麗なギターリフとトレンディーなエレトロニックビート、そして彼女たちの歌唱力が調和したこの曲は、聴く人々の胸を踊らせる応援曲だ。
Sunny Daysメンバーたちは18日、enewsに「オリンピックに出場する選手団はもちろんのこと、全国民に私たちの歌が少しでもプラスになることを祈願して、心から応援歌を歌うことになった」「絶対に1位というわけでなく、最善を尽くす韓国になってくれたらいい」と応援メッセージを伝えた。

©enews24 2012年 07月 19日 13:30