[芸能] JYJジェジュン 米寄付で児童50名を17ヶ月間サポート

JYJジェジュンがドリーミーに積み立ててあったファンからの米のプレゼント15.68トンを50名の子供たちに寄付をした。
『ジェジュン応援ドリーム花輪』を進行していた(株)ドリーミーはジェジュンに代わり、16日午後、ソウル橋南洞(キョナムドン)社団法人全国地域児童センター協議会を訪問し、米花輪伝達式を行った。制作発表会へジェジュンを応援するために送られてきたドリーミー米花輪23.68トンの内、6月に1次として8トンを寄付し、残りの15.68トンを送った。
これによりジェジュンは昨年出演したSBSドラマ『ボスを守れ』で7トン、『タイムスリップDr.JIN』での23.68トンを含む、2作品のドラマで31トンを寄付した。
ドリーミーによると子供たちに対する寄付はジェジュンが家族と相談し、50名の子供たちを長期間支援したいという考えを明らかにしてきたことによる。ジェジュンは昨年、SBS『ボスを守れ』制作発表での7トンを昨年10月から29名の子供たちに毎月20㎏ずつ贈ってきた。今回の追加分で寄付された米は前回の29名に加え、新たに選定された21名を含む、50名に17ヶ月間、毎月20㎏ずつ贈られることになった。
対象の子供は全国地域児童センター協議会が全国2000か所の地域児童センターから推薦された141名の児童の中から様々な事情をもった子供たちが選ばれた。シン・ミヘ事務総長は「全国240万名の放任児童のうち、地域児童センターの支援を受けている児童10万名だけ」だとし、「キム・ジェジュンさんとファンの方々の善意ある行動が放任児童に対する国民的な関心を呼び起こすきっかけになる」と話した。
ジェジュンはMBC週末ドラマ『タイムスリップDr.JIN』で従事官キム・ギョンタク役を熱演中。難しい感情表現を安定感ある演技でこなしており、その演技力で高い評価を得ている。

©enews24 2012年 07月 18日 13:36