[映画] 『ヨンガシ』封切8日目で200万人突破! 今上半期作品で最速記録樹立

国内初の感染恐怖映画『ヨンガシ』が封切8日目で200万人の観客動員数を突破した。この記録は、今年公開された韓国映画の中で一番早いスピードだ。
映画振興委員会の入場券総合コンピュータによると『ヨンガシ』は12日まで207万8,297名の観客を動員した。この日1日でも16万4,977名がこの映画を鑑賞した。ボックスオフィスでは当然のことながら1位である。
当初2012年韓国映画公開作品の中で最短200万人突破記録は『犯罪との戦争:悪い奴ら全盛時代』だった。この映画は封切10日で200万人を突破した。『ヨンガシ』の記録は今上半期、韓国だけでなく、全世界で興業成績1位になった映画『TheAvengers』の封切6日に続く数字だ。
『ヨンガシ』は仮想の生物で、致死率100%の殺人寄生虫『ヨンガシ』を素材に感染の恐怖、医薬リベートという社会的問題などを取り上げた映画だ。キム・ミョンミン、キム・ドンワン、ムン・ジョンヒ、イ・ハニなどが出演している。

©enews24 2012年 07月 13日 17:44