[芸能] リュ・シウォン 離婚訴訟、妻が直接手続き進める

俳優リュ・シウォンとの離婚訴訟に妻が直接出てきた。
 リュ・シウォンの妻は5月初めに弁護士を解任した後、最近は直接裁判所に調停申請書と住所補正を提出し離婚調停手続きを進めている。法律代理人もなく妻が離婚訴訟関連の調停期日を決めるため積極的な姿勢を見せており目を引く。
裁判所関係者は「申請人が裁判所に出した調停申込書の写し、調停手続き案内書、申請趣旨および原因変更書など各種書類を被申請人側に送り返事を受けてこそ裁判所で調停期日に取りかかることができる。だが、被申請人のリュ・シウォンがこれを受け取ることができず妻が2度にわたり住所補正を提出した。リュ・シウォンが意図的に受け取らないでいるのか、特定の状況により受け取れずにいるのかわからない。居住地住所が間違って記載された可能性もある」と話した。
こうした状況が2カ月間にわたり続き、5日にソウル中央地裁執行官は嘱託書を受けた。裁判所関係者は「これからは執行官が被申請人に書類が伝えられるよう3回にわたり積極的に試みる。近い将来被申請人から返事を受け調停期日に取りかかれるとみられる。だが(リュ・シウォンが)調停に対する意思がなければ調停期日が決まっても裁判所に出てこられないことがある。そうなると50万ウォン程度の過怠金を払わなければならず、調停(協議離婚)ができなければ自然に訴訟に進む可能性もある」と伝えた。
 一方、リュ・シウォンは2010年10月に舞踊を学ぶ妻と1年余りにわたる熱愛の末に結婚したが、今年3月22日に妻がソウル家庭裁判所に離婚調停申請書を提出し衝撃を与えた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 07月 12日 13:16