[映画] チョン・ジヒョン 「キム・ヘスとの美貌対決? 胸のサイズから相手じゃない」

女優チョン・ジヒョンが、先輩のキム・ヘスとの美貌対決についての質問に、ウイットたっぷりの回答をして爆笑を誘った。
チョン・ジヒョンは10日午後、ソウル往十里(ワンシムリ)CGVで開かれた映画『泥棒たち』(チェ・ドンフン監督)の記者試写会後のインタビューで、キム・ヘスとの美貌対決についての質問に「相手にならない。こう言うと恥ずかしいが、私は(ヘスさんには)本当に遠く及ばない」とし「映画を見れば分かると思うが、(キャラクターごとに)話が違う。それぞれの泥棒たちにカラーがあり、また俳優のカラーもあるので、それを尊重してくれるような雰囲気だった」と話した。
また「対決構造はなかった。最初から後輩として撮影に臨んだ」とし「胸のサイズも相手ではないし…」と話して会場を笑いの渦に巻き込んだ。
チョン・ジヒョンは劇中でロープ使い専門の泥棒「エニコル」役を演じている。タフで唐突なキャラクターで、毒舌家が中心だったこれまでの役柄とは全く異なるイメージだ。
金庫破り専門の「ペプシ」役のキム・ヘスは、水中撮影の大変さを告白した。キム・ヘスは「水中のシーンが本当に大変だった。だいぶ経ってから振り返ってみると、その瞬間、パニック障害のような感じがした」と語った。
『泥棒たち』は韓国と中国から集結した10人の泥棒たちが希代のダイアモンド「太陽の涙」を盗み出す過程で起きるスリルとアクションを描いている。
キム・ユンソク、キム・ヘス、イ・ジョンジェ、チョン・ジヒョン、キム・ヘスク、キム・スヒョン、オ・ダルスらの豪華キャストが総出動している。25日公開。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 07月 11日 17:44