[映画] キム・ミョンミン 新作「ヨンガシ」公開後の初週末に132万人動員

今年の夏は"ヨンガシ"(注:日本語でハリガネムシ)シンドロームが起きそうな予感だ。
9日、韓国の映画振興委員会の映画館入場券統合電算網によると、5日に公開された映画「ヨンガシ」が8日までの4日間で132万2368人の観客を動員し、ボックスオフィス1位に踊り出た。これより1週間先んじて公開され、1位を走っていた「アメイジング・スパイダーマン」は同期間を120万9969人で2位に終わった。当初は心配が少なくなかったものの、勢いに乗るハリウッドのブロックバスター映画の興行をおさえ、勝利を味わった。
そろそろ本格的な夏休みシーズンを迎え、「ヨンガシ」によって"水遊び注意報"が現実化するのではないかという見通しも出ている。
ヨンガシは劇中では殺人寄生虫で、多くの人命を奪う怪生命体として描写されている。一度感染すると、ヒトにすさまじいのどの渇きをもたらし、最終的に水中に投身させて殺してしまう。しかしこのヨンガシの感染経路が"夏の水遊び"だと明かされるのだ。
これについてキム・ミョンミンは「川や海の有名休暇地のスタッフには申し訳ないことだが、もしも"水遊び注意報"が広がったら、そのときは『ヨンガシ』の興行成功の反証になる」とし「それほど映画ファンもこの映画を真剣に受け止めていることではないだろうか」と話した。
同作は殺人寄生虫に感染した家族を救うために死力を尽くす父親(キム・ミョンミン扮)の物語を中心に展開している。寄生虫の感染事件によって、社会的な混沌や恐怖、そしてその後ろで私益を追求する製薬会社の陰謀を描くホラー映画。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 07月 09日 16:58