[芸能] 女優のイ・シヨン アマボクシング大会で優勝

女優のイ・シヨンが第42回ソウル市長杯アマチュアボクシング大会兼第93回全国体育大会ソウル市選抜戦で優勝した。
イ・シヨンは7日、韓国体育大学で開かれた48キロ級決勝でチョ・へジュンを21対7の判定で破った。試合序盤は苦戦したがクリンチを通じ何度も危機を克服したイ・シヨンは第3・第4ラウンドでは早いフットワークを基にコーナーの左右を回りチョ・へジュンの攻撃を柔軟に交わした。イ・シヨンはパンチの回数ではチョ・へジュンに負けていたが、顔面に的中した有効打はイ・シヨンのほうが多かった。審判は2分4ラウンドの試合で大きく点数でリードしたイ・シヨンの手をあげた。
だが、イ・シヨンが優勝して全国体育大会に出るかもしれないという期待はしないほうが良さそうだ。イ・シヨンが出場した階級は48キロ級で、全国体育大会の女子ボクシング種目にはこの階級がない。全国体育大会の女子ボクシングは51キロ級、60キロ級、75キロ級など3階級が昨年から新設され、オリンピックとアジア大会でも3階級にメダルがかけられた。アマチュアボクシング連盟関係者は「全国体育大会に女子48キロ級はない。今大会の該当階級で優勝しても全国体育大会には出られない」と話した。
もしイ・シヨンが全国体育大会に出場しようとするなら女子51キロ級ソウル市代表と同時に女子ボクシング国家代表選手のキム・イェジと評価戦を行わなければならない。
イ・シヨンは2010年に女子ボクシング選手を主人公とする単発ドラマに主人公としてキャスティングされボクシングと縁を結んだ。ドラマ制作は失敗に終わったが、ボクシングに興味を持ったイ・シヨンは2010年11月に社会人ボクシング大会のKBI全国生活体育ボクシング大会48キロ級に出場して優勝し話題を集めた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 07月 08日 12:03