[芸能] オ・ジホ 「申し訳ないが責任は取れない」責任回避発言に爆笑

オ・ジホが『イ・ヨンジャ抱擁事件』の具体的な顛末を話した。
オ・ジホが5日放送のMBC『ジュエリーハウス』に出演して、ネットユーザーたちの間で『気まずいレジェンド映像』として話題になっている、イ・ヨンジャ抱擁事件について釈明した。
この日、オ・ジホは、「イ・ヨンジャが嬉しそうに僕に近付いてきたんだが」と話を切り出した。すこしためらったが「恐竜が一頭、近づいてくるようだった。だんだん近づいてくるイ・ヨンジャの体が大きくなる感じがして、本能的に防御しなければと思った」と当時を振り返った。
「そのまま抱きしめるのには力が足りなさそうで、何となく足を抱き上げてしまったんだが、その姿勢が変だった。正直、腕の中に入ったのかさえ分からなかった」と話し、恥ずかしがった。
オ・ジホはイトゥクを相手に再現して見せ、笑いを誘った。オ・ジホは「イ・ヨンジャが「責任とってよ」と言ったんだ」といい、ビデオレターを通して「僕は責任が取れないが、素敵な男性に出逢って、結婚してくれたらいいと思います」と責任回避発言をし、スタジオを爆笑させた。
この日の放送はオ・ジホが出演して、これまで打ち明けなかったビハインドストーリーを公開した。

©enews24 2012年 07月 06日 18:12