[ドラマ] 『ビッグ』イ・ミンジョン 大粒の涙…行き違う愛の行方は?

イ・ミンジョンも泣き、視聴者も泣いた。
3日放送のKBS2月火ドラマ『ビッグ』第10話ではイ・ミンジョンがコン・ユへの胸が痛む愛を予感し、涙を流し切なさを誘った。
キル・ダラン(イ・ミンジョン)が思わず発してしまった愛の告白にギョンジュンは「オレに構うな」と冷たくし、ダランは恥ずかしくなる。同時にソ・ユンジェを待っているのにカン・ギョンジュンを見て、胸がときめいている自分に妙な気持ちになる。自分の気持ちを確かめようとしたしたダランは、ユンジェの誕生日にユンジェを待っていた事を思い浮かべた。
しかし、ユンジェをユンジェとして考えるたびに感じていたときめきが消えてしまい、ギョンジュンの電話ひとつで胸がドキドキするのを感じた。ギョンジュンを愛していると直感したダランは、ギョンジュンに「ギョンジュン、あなたが完全に元に戻ったら、私はあなたを手放すことが出来るかしら?」と大粒の涙をこぼした。
ダランはギョンジュンへの想いに気付き、胸を痛めた。ギョンジュンはダランが悲しむ理由がユンジェへの恋しさと自分への負担感だと思い「元通りになったら2度と会わないように消え去ってやるよ」とダランとギョンジュンの行き違う愛を予感させた。
一方、ギョンジュンはまた魂が入れ替わる経験をし、ギョンジュンとユンジェの魂が入れ替わることを示唆した。倒れているギョンジュンを見つけたダランは、ギョンジュンが離れて行ってしまうかと悲しくなる。ダランがユンジェが戻ってこなかったと失望していると勘違いしたギョンジュンは「ソ・ユンジェじゃなくて、ごめんな」と涙を見せた。
行き違うギョンジュンとダランに視聴者たちは「本当に心が痛い」「いたたまれない。まだ余韻でどうにかなりそう」などの反応を見せ、これから展開する2人のラブラインから目が離せない。

©enews24 2012年 07月 04日 18:18