[芸能] 『建築学概論』ユ・ヨンソク、スジとのキスシーン不発に『むしろ良かった』告白

映画『建築学概論』のユ・ヨンソクがスジとのキスシーン不発に泣き笑いした。
3日放送のSBS『強心臓』に出演したユ・ヨンソクは、上半期ヒット作『建築学概論』撮影時の裏話を公開した。
彼は映画でスジとのキスシーンが不発だったが、実は台本にキスシーンはあったと話し、MCとゲストを驚かせた。
彼は「現場でキスシーンが削除された」「当時は残念だったが、酒に酔った後輩にキスする先輩として全ての男性を嫉妬を買うことになるなら、むしろ削除されて良かった」と話し、笑いを誘った。
ユ・ヨンソクはこの日『強心臓』に出演した男性ゲスト全員から『公共の敵』『最悪中の最悪』呼ばわりされ、悔しい思いをした。これにユ・ヨンソクは「本当に悔しい。キスしようとした後はスジとの撮影がなかった」と可愛い不満を漏らした。
ユ・ヨンソクはスジとのエピソードの他にも『強心臓』に出演するため、直接作って来たロゴソングを公開するなど、初バラエティー出演に、精一杯の姿を見せた。また芸能史上初(?)の個人技『写真撮影』を披露するなど『優しいお兄さん』のイメージとは違う、とんでもない真逆の魅力でスタジオを湧かせた。
現在、ユ・ヨンソクは、SBS週末ドラマ『おいしい人生』で完璧な男性、チェ・ジェヒョクを熱演中だ。

©enews24 2012年 07月 04日 13:33