[K-POP] ZE:A「7月カムバック」大物歌手と全面対決?避ける理由はない

1年ぶりにカムバックするグループZE:A(ゼア)が7月カムバックする人気歌手たちとの競争に自信をのぞかせた。
ZE:Aは3日午後、ソウル延世(ヨンセ)大学百周年記念館で開かれた2ndアルバム『SPECTACULAR(スペキュタキュラー)』ショーケース記者会見でカムバックの感想を話した。メンバーたちは「本当に一生懸命準備した。1年ぶりに出すアルバムなので、本当に一生懸命やった。実力的にも成長した所をお見せするため、最善を尽くした」と話し始めた。
「海外コンサート以外でステージに立つのはすごく久しぶりだ。ステージが恋しかったし、待ってくれているファンたちに感謝の言葉を伝えたかった」と付け加えた。
7月、SUPER JUNIORを始めとする、2NE1、SISTAR、T-ARAなど大物人気歌手のカムバックについて尋ねられると「ライバルではなく、いい意味での競争だと思う。他のグループとの競争より自分たちのカラ-を探す。今回のタイトル曲『後遺症』が代表曲になったらいいと思う」と答えた。
特にメンバーのグァンヒは「(大物歌手たちのカムバックを)とても心配だった。事務所の関係者たちも「出しても大丈夫」と考えて決定したので自信があるようだ。ぶつかってみるのもいいという考えだ。避ける必要はない」とカムバックするまでの事情を話した。
ZE:Aは久しぶりのカムバックを記念して6月15日から『ファイティンプロジェクト』を実施、釜山(プサン)、光州(クァンジュ)、大田(テジョン)、富川(プチョン)など各地のファンたちに逢いに出かけた。このプロジェクトのフィナーレであり、カムバックのスタートになるこの日のショーケースはリアルタイムで全世界生中継された。
ZE:Aは4日2ndフルアルバム『SPECTACULAR』を公開し、5日ケーブルチャンネルMnet『MCountdown』で初カムバックステージを披露する。

©enews24 2012年 07月 04日 13:13