[芸能] 『U-KISSのママ』パン・ウニ アイドルに拒否感があったが…

俳優パン・ウニが『U-KISSのママ』を自認し、息子たちへの格別な愛情を見せた。
3日放送のSBS『強心臓』に出演したパン・ウニは、夫が代表を務める芸能事務所のアイドルグループ、U-KISSに対する愛情を見せた。
この日、パン・ウニは「もともとアイドルは好きじゃなく、アングラ音楽が好きだった。正直に言えば、次々に出てきて、ダンスを踊って歌うことに拒否感があった」と正直に話した。そういった中でU-KISS所属事務所代表の夫と結婚し、彼らを近くで見守って来た中で、アイドルに対する偏見が無くなったと。
パン・ウニは「彼らがどれだけ素晴らしいか、食事もせず、睡眠もとらずに練習しているのを知った」「アルバム1枚出す為にどれだけ一生懸命練習しているのかを知った。そんな姿を見て、アイドルに対する悪いイメージは消え去った」と話した。
また「夫の会社はSM、YG、JYPなど3大芸能事務所に比べて規模が小さいため、U-KISSにもっと力を貸してあげられなくて心が痛む。それにこれまで1位を獲ったことがない」と目を赤くした。彼女の涙の理由は1位を獲りたい気持ちではなく、彼らがアルバム1枚出す為にどれだけ血の滲む努力をしているか知っているからだ。
この日の放送にはパン・ウニがU-KISSの話をしている途中に彼らが突然現れ、人々の目を引いた。U-KISSは「僕たちに力をくれて、応援して下さってありがとうございます」とパン・ウニへ感謝の意を表した。
これにイトゥクは「パン・ウニさんがU-KISSが1位になる姿を絶対に見たいとおっしゃってる。実際に1位を獲った時は緊張するから『強心臓』でリハーサルしてみよう」と提案し、U-KISSは仮想の1位受賞にも声を詰まらせ、なかなか感想を言えず、涙まで見せた。これを見守っていたパン・ウニも涙を見せ、周囲の人々の胸を熱くさせた。
一方、『夏スペシャル』と題し、行ったこの日の放送にはチョグォン、ウヨン、ユ・ヨンソクらが出演し、トーク対決を繰り広げた。

©enews24 2012年 07月 04日 13:04