[K-POP] JYJ 世界ファンとの「メンバーシップウィーク」終了

JYJとファンが一緒に過ごした4日間の祭りが幕を閉じた。先月28日から1日までソウル貿易展示コンベンションセンター(SETEC)で開催された「2012 JYJメンバーシップウィーク」は、新鮮な企画でファンの爆発的な呼応を得た。
JYJと所属事務所シージェスエンターテイメントはSETECを丸ごと借り、さまざまでイベントでファンに会った。JYJコラボレーションギャラリー、JYJドキュメンタリーの映画館上映、3Dファサードなどの最先端プログラムと大型展示会を準備した。
また30日と1日の両日はJYJと直接会うファンミーティングが開かれた。JYJのすべてを感じ、体験することができた。JYJに会って言葉を交わし、公演を見るなど、充実したファン祭りとなった。入場するすべての会員に水・うちわ・ポップコーン・写真グッズ・ペンライトなどが配られ、無料ステッカー写真機10台も設置されるなど、さまざまなファンサービスを準備した。
シージェスエンターテイメントのペク・チャンジュ代表は「放送などに制約があるが、立ち止まることはできない。ドラマやミュージカルで力をつけ、ワールドツアーなどでJYJの世界的地位を高めるのに集中する。ファンに対しては、より誠意を込めた接触で絶えず努力する必要がある。今後も多様なコンテンツ企画で、ファンに新鮮なサービスを提供したい」と述べた。
JYJは「メンバーシップウィークでファンが喜ぶのを見て、自分たちもとてもうれしく思う。今後もファンとよい思い出をたくさん作っていきたい。ファンの皆さんの盛大な応援から、いつも幸せなエネルギーを受けている。感謝の気持ちを伝えたい」と語った。
今回の大規模メンバーシップウィークは韓国国内初のファン博覧会。日本人ファンだけでも7,024人が入国し、大きな話題になった。空港側の関係者は「単一行事で外国人入国最多記録となった」と述べた。観光業界側は今回の行事の経済的効果だけで100億ウォン(約7億円)にのぼるとみている。

©enews24 2012年 07月 02日 13:32