[芸能] 2AMチョグォン 所属事務所のカウンセラー?

チョグォンが所属事務所JYPの社長パク・ジニョンが自身に相談を要請した事実を打ち明けた。
チョグォンは22日、SBS「Go Show」に出演し、自身がJYPエンターテインメントの悩みのカウンセラーだと明らかにするとともにパク・ジニョンやソヒなどの相談に乗った事実を公開した。
チョグォンは、「パク・ジニョン社長も私に悩み相談をしたことがある。パク・ジニョンが『K-POPスター』出演中に、『(画面に映った)姿がとても怪物のようではないか?』と尋ね、率直に『負担になる』と答えた」と話した。パク・ジニョンは昨年12月から今年4月まで放映されたSBS「K-POPスター」で審査委員として活躍した。参加者のパフォーマンスに対する反応が克明に現れる表情のため話題を集めた。
チョグォンはWonder Girlsのソヒが相談を求めてきた事実も打ち明けた。「練習生時代にソヒが『私は歌もできずダンスも踊れないがどうすれば良いだろうか?』と泣きながら相談し、『私も6年間練習生生活をしたので君も努力すれば良い』と言った」と明らかにした。
22日の「Go Show」は視聴率8.1%(AGBニールセンメディアリサーチ全国基準)を記録し、先週の8.8%より0.7ポイント下落した。9.0%の視聴率を見せたKBS第2テレビ「愛と戦争2」との格差は約1ポイントに広がった。
(写真=SBSキャプチャー)

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 06月 24日 11:52