[K-POP] SHINHWAチョンジン 椎間板ヘルニアの悪化で手術…「経過は良好」

グループのSHINHWA(神話)のチョンジンが椎間板ヘルニアの悪化で手術を受けた。
22日、所属事務所のSHINHWAカンパニーの公式報道資料によると、チョンジンは椎間板ヘルニアに苦しみ、今月19日に顕微鏡を使ったマイクロサージェリーで神経減圧手術を受けた。10枚目のアルバムとアジアツアーコンサートの準備などの無理な日程で腰の状態が悪化したものだ。
担当主治医は「より大きな負傷を防ぐために手術が急がれた」とし「手術の経過は良好だ。約6週間のリハビリ運動と安定が必要だ」と説明した。
チョンジンは「メンバーやファンの皆さんにご心配をおかけして非常に申し訳ない」とし「早く元気になって残りのアジアツアーコンサートに参加したい」と思いを明らかにした。
SHINHWAは今月16日、シンガポール公演を終えて30日に中国・広州で「2012 SHINHWA GRAND TOUR IN TAIWAN『THE RETURN』」の5回目のコンサートを開催する。
(写真=SHINHWAカンパニー提供)

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 06月 22日 14:16