[ドラマ] 「アラン使道伝」シン・ミナ-イ・ジュンギ 撮影現場初公開

俳優イ・ジュンギとシン・ミナが主役を務めるMBC(文化放送)新しい水木ドラマ「アラン使道伝」の撮影現場が初公開された。
22日、MBCは先月23日に京畿道・南陽(キョンギド・ナムヤン)で撮影されたシン・ミナとイ・ジュンギが初めて対面する場面を公開した。製作スタッフによるとこの日シン・ミナは屋根と木の上を自由に行き来するアクションで劇中のキャラクターである若い女性の幽霊のイメージを上手く表現してスタッフは感嘆の声を上げた。
使道役のイ・ジュンギはずうずうしいアドリブ演技で皆の笑いをとった。小間使いトルセ役のクォン・オジュンとあちこちで漫談を見せ、新コンビ誕生を証明してみせた。
「アラン使道伝」は自分の悔しい死の真相を知りたい記憶失調症の幽霊アラン(シン・ミナ)と幽霊が見える能力を持つ使道ウンオ(イ・ジュンギ)が繰り広げるファンタジーメロ時代劇。ドラマ「ファンタスティック・カップル」「私の心が聞こえる?」などを演出したキム・サンホプロデューサーと「別巡検シーズン」を執筆した放送作家チョン・ユンジョンが慶尚南道・密陽(キョンサンナムド・ミルヤン)のアラン伝説をモチーフにした作品だ。第1話放送は7月末の予定。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 06月 22日 11:41