[芸能] T-ARAジヨン ドラマに出演していた過去の初々しい姿がキャッチ!

T-ARA(ティアラ)のジヨンの隠されていた過去のドラマ出演の様子がキャッチされた。
21日、あるドラマ関連のサイトには「ジヨン、ドラマ『ロビイスト』に出演していた」というコメントとともに写真が掲載された。
ジヨンは当時14歳で、2007年に放送されたソン・イルグクと故チャン・ジニョン主演のSBS(ソウル放送)ドラマ「ロビイスト」に出演していた。劇中、ソン・イルグクがロビー活動をしようとした相手の聴覚障害をもつ娘の友人役として出ていた。聴覚障害者の友人役ということでセリフはなく出番も非常に少ない端役だった。Wonder Girls(ワンダーガールズ)の「Tell me」を踊るシーンで、今のT-ARAの姿が垣間見れる。ルックスも今と大きく変わらずかわいらしい。
ネットユーザーは「この映像を探し出した人はもっとすごい」「T-ARAとしてデビューするずっと前だ」「ダンスの動作が自然で、(T-ARAの)芽が見える」などの書き込みを残した。
一方、新メンバーのアルムが加入したT-ARAは、今年7月に新しいアルバムをリリースする予定だ。 

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 06月 21日 16:24