[芸能] タレントのキム・ジヘ「遺書を書いてフェイスリフト手術受けた」

タレントのキム・ジヘがフェイスリフト手術の危険性を詳しく説明した。
キム・ジヘは20日に放映されたMBC「黄金漁場-ラジオスター」に出演し、フェイスリフト手術の危険性に対し警告した。
キム・ジヘは、「全身麻酔をするのに肺に直接ガス麻酔をする。長時間手術をした後、出血のため輸血する人もいる。私は遺書まで書いて手術した。それほど本当に大きい手術だ。絶対簡単に考えてはいけない」と話した。
続けて、「1カ月間何も食べられない。あごを針金で閉じておく。奥歯の奥の穴から飲むことだけできる。それで体重が10kgほど落ちた。目を開けたら息もできず口の中が縛られていた。自分との戦いだ。手術をしてからも私は本当にきついと思った」と当時を振り返った。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 06月 21日 11:48