[映画] 少女時代・東方神起が総出動の「I AM.」海外で早くもヒット!

少女時代や東方神起など、SMエンターテインメント(以下、SM)所属のスーパーアイドルスターが総出動している映画「I AM.」が国内外で非常に高い関心を集めている。
同作はCJ E&M(以下、CJ)とSMが共同で制作したドキュメンタリー映画だ。SMが全世界を回りながら開催した「SM TOWN LIVE WORLD TOUR」の公演のうち、昨年ニューヨークで行ったマディソン・スクエア・ガーデン公演を中心に、アイドルスターの舞台裏の姿やデビュー時代、個別インタビューなどの内容で構成されている。
116分間の上映時間中、少女時代や東方神起、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)、SHINee(シャイニー)、f(x)(エフエックス)、BoA(ボア)、カンタらが登場している。彼らは数年前の練習生時代の自分とダンスマッチを繰り広げ、デビューステージの感激を振り返って涙を流した。
最も興味深い部分は、事実上初めて公開される彼らの練習生時代の姿だ。チョン・ユンホとして練習していたユノ・ユンホのほか、カン・テヨン、イム・ユナ、ソ・ジュヒョンとしてオーディションを受けるテヨン、ユナ、ソヒョンの姿、SUPER JUNIORやSHINeeの成長記も収められている。彼らのファンなら十分、心が傾く内容だ。
21日の韓国公開に先立ち、すでに海外では"ヒット"を飛ばしている。日本や香港、シンガポール、インドネシア、台湾など5カ国で公開され、大部分が売り切れを記録している。なかでも日本では今月2日に公開されて以来、2週連続で座席占有率比収益が1位だった。シンガポールでは全61回の上映分のすべてにおいて90%を超える座席占有率を記録し、米国ポップスターのジャスティン・ビーバーの公演実況の人気を超えた。
国内でも座席予約率3位圏を走っており、ドキュメンタリー映画にしてはかなり多い約100スクリーンを確保している。ある映画館関係者は「海外の爆発的な人気に押され、すでに制作費は回収できたと理解している」とし「国内の上映成績や今後の付加版権まで合わせると、収益面でCJやSMにとって"金の卵"のような作品になるだろう」と説明した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 06月 20日 18:39