[映画] 『ヨンガシ』ドンワン「キム・ミョンミンは気楽な兄貴」

映画 『ヨンガシ』で俳優に挑戦したSHINHWAのドンワンが共演者キム・ミョンミンを絶賛した。
ドンワンは20日午前、ソウル狎鴎亭(アックジョン)CGVで行われた映画 『ヨンガシ』制作報告会に出席し、撮影時のエピソードを明かした。
その席でドンワンは「キム・ミョンミンは演技が素晴らしい上に撮影現場の雰囲気を盛り上げてくれた。スタッフをよく気遣っていた」と話し「将軍スタイルだと思っていたが、町内の兄貴のようだった」「大きな鍋でラーメンを作ってくれて雰囲気を盛り上げた」と説明した。
映画で凶悪犯罪班の刑事ジェピル役を引き受けたドンワンは役作りの為に実際に刑事たちに会って研究した。彼は「江南警察と西大門警察にいる知り合いの警察官の方を追いかけて刑事の性質を観察した」「しかし追いかけてみたら特別なことはなかった。ただやればよかったんだ」と笑った。
SHINHWAのメンバーたちは応援してくれたかとの質問には「もともとメンバーたちは特に関心を示さない。試写会には来ると言った」と話した。
映画『まわし蹴り』に続き2度目の映画出演に「今はどんな作品でもオファーがあれば全部やりたい」と演技に対する情熱を見せた。
 『ヨンガシ』は人の脳を操る変種の寄生虫が発生し、死亡率100%の事態に感染した家族を救うため、息詰まる死闘を繰り広げる一人の男の話を描いた映画。7月5日封切。

©enews24 2012年 06月 20日 18:10