[ドラマ] ダビチ、BEASTに続きノウルまで『ビッグ』OST『愛ならば…』

KBS2月火ドラマ『ビッグ』。見る楽しみに聞く楽しみが加わった。コン・ユ、イ・ミンジョン、スジなど美男美女俳優が繰り広げる甘い演技に実力派ボーカリストたちのOSTが追加される。
ダビチ、BEASTに続き今回はノウルが加勢した。ノウルは18日深夜公開された『愛ならば…』でMnet.comなど各種音源サイトを席巻し、OST王者の力を見せつけた。
ノウルの『愛ならば…』はヒット曲製造機のチョ・ヨンス、アン・ヨンミンコンビが意気投合し作った曲で甘く優しいピアノの旋律と後半にかけて加わるバンドサウンドの切なさが聴く人々の感性を揺さぶる。特に「君が僕の恋人だったらどれだけいいだろうか」「僕よりもっと君を愛しているから」など片想いの心境を表現した歌詞がドラマの中でキム・ダラン(イ・ミンジョン)に対するカン・ギョンジュン(コン・ユ)の気持ちとオーバーラップして、胸を苦しくする。
『愛ならば…』は18日放送の第5話でギョンジュンとダランのウェディング撮影のシーンで挿入された。放送終了後のドラマ掲示板には視聴者からの質問が多く、関心の高さがうかがえた。
単独コンサート開催を前に『ビッグ』のOSTに参加したノウルは「ノウルだけのハーモニーが詰まった『愛ならば…』がドラマを一層盛り上げることを期待している」と感想を述べた。
『ビッグ』は思春期の少年が最高の条件を持つ完璧な大人の男の体と入れ替わってしまうことで巻き起こるエピソードを描いたドラマ。毎週月、火曜日午後9時55分より放送。

©enews24 2012年 06月 20日 13:40