[K-POP] 2NE1『2012カンヌ広告祭セミナー』K-POP代表歌手として演説

女性グループ2NE1がフランス カンヌ広告祭に韓国歌手代表として演説を行った。
2NE1は18日(現地時間)、フランス カンヌ Claude Debussy Theatreで行われた『2012カンヌ広告祭セミナー』で広告代理店、第一企画と共同演説者として出席した。
今回のセミナーで、K-POPを代表するアーティストとして選ばれた2NE1は『デジタル韓流メーキング(Korean Wave Through Digital Wave)』というテーマで演説を行った。
2NE1の所属事務所であるYGエンタテインメントは19日「2NE1は昨年12月 MTV IGGY 『世界最高の新人バンド』部門で優勝、フランスでの『一番好きなK-POPスター』1位に選ばれるなど、特別なプロモーションをせずとも注目される成果が認められ、今回現地を訪れることになった」と伝えた。
この日の講演で、K-POPを代表するスターとして世界的な人気を実感しているかとの質問にメンバーのCL(シーエル)は「YouTubeで全世界のファンが韓国語で歌を歌い、カバー映像を作っているのに驚いた」「YouTubeを始めデジタル環境で私たちの音楽は国境を越えた」と答えた。
また、多くの人に愛される秘訣について問われるとCLは「韓国人の情熱とエナジー、そして音楽に対する愛情、この全てがミュージックビデオ、ステージ、音楽に込められているから全世界のファンのみなさんが愛して下さるんだと思う」と思いを明かした。
2NE1はデジタル時代の今、どういう方法でファンたちと交流しているのかの質問には『2NE1TV』を例に挙げ、ステージでは派手なパフォーマンスを見せているが普段は親しみやすい姿でファンと交流していると話した。
CLは「2NE1にはまだお見せすることが沢山ある」「私たちが世界を変えるだろう」と全世界に向け力強い抱負を述べ、演説を終えた。
2NE1は国内ガールズグループ初のワールドツアー『NEW EVOLUTION』を開催すると発表し話題を集めた。ソウルオリンピック体操競技所を皮切りに米国、アジア、ヨーロッパなど7ヶ国10都市でツアーを行う。

©enews24 2012年 06月 19日 13:38