[ドラマ] キム・ハヌル 裸モザイク"19禁想像"で爆笑

キム・ハヌルが裸モザイクで熱演した「紳士の品格」が同時間帯で視聴率1位となった。
16日に放送されたSBS(ソウル放送)週末ドラマ「紳士の品格」では、キム・ドジン(チャン・ドンゴン)が録音ペンに録音されたソ・イス(キム・ハヌル)の声を聞き、想像の世界に入った。部分的な記憶喪失があるチャン・ドンゴンは自分が片思いするキム・ハヌルとのキスも記憶できず、録音された声を聞いてこれを思い出した。
チャン・ドンゴンは記憶が消えた数時間、録音された声を聞きながら、想像の中でその瞬間を脚色した。入浴後にガウンを脱いで裸になったキム・ハヌルを想像し、画面にその想像がそのまま映し出された。想像の中のキム・ハヌルは裸のまま「やせれば胸から肉が落ちる」とぶつぶつ言いながら下着を一つずつ着た。もちろんキム・ハヌルの裸は全身モザイク処理された。この過程でチャン・ドンゴンはキム・ハヌルの体のあちこちに視線を向けながら好奇心に満ちた表情を見せ、笑いを誘った。
視聴率調査機関AGBニールセンメディアリサーチによると、この日の「紳士の品格」の視聴率は17.1%で、前回(16.8%)より0.3%上昇した。同じ時間帯に放送されたMBC(文化放送)「Dr.JIN」(14.5%)、KBS(韓国放送公社)2番組「トークショー Do Dream」(6.1%)を抑えて視聴率1位だった。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 06月 18日 12:50