[芸能] イ・ドンウク 除隊後初めてのテレビ広告…ビールのモデルに抜擢!

俳優のイ・ドンウクが除隊後初のテレビ広告モデルに抜てきされた。
イ・ドンウクは最近、ビール「Cass Light」のテレビ広告のモデルにキャスティングされ、グループ2NE1(トゥエニィワン)のCL(シーエル)と息を合せる。昨年6月に除隊して、これまで衣料などの紙面広告モデルとして活発に活動してきたが、テレビ広告は今回が初めてだ。
メーカーによると「SBS(ソウル放送)のバラエティートーク番組『強心臓』を通じて、芸能MCに初挑戦、ウィットに富むセンスあふれる姿を見せているイ・ドンウクのイメージが今回の広告コンセプトにぴったりだった」とし、「ノリのよい楽しい雰囲気の中で広告撮影を終えた」と伝えた。
イ・ドンウクは放送界だけでなく、広告界からもラブコールが相次ぎ、成功した"除隊スター"に挙げられている。所属事務所のキングコングエンターテインメント側は「演じることだけに真摯に向き合ってきたが、『強心臓』でユーモアのあるところも披露している。この姿に広告業界も多くの関心を示しているようだ。しかし本業が俳優なので、しばらくしたら作品を通じてよい姿をお見せしたい」と伝えた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 06月 14日 16:35