[芸能] 新人女優が自殺…芸能界に"衝撃"

新人女優のチョン・アユル(25)が今月12日に死亡していたことが分かり、衝撃を与えている。
14日午後、放送界関係者によると、チョン・アユルは12日にソウルの自宅で首を吊って死亡していたところを発見された。当時、知人がチョン・アユルを発見してすぐに病院に運んだが、結局、息を引き取ったと伝えられた。
チョン・アユルに近い人物はこの日午後、韓国のニッカンスポーツとの電話インタビューで「突然の知らせに驚いた。最近、ドラマも撮影しながら熱心に活動していた。こんなことが起きるなんて夢にも思わなかった」と語った。別の人物は「傷つきやすく芸能界生活に適応できず苦しんでいたようだった。地方から単身上京し、女優活動をしながら孤独だったのも事実。しかし新人演技者には避けて通れない通過儀礼だと思う。極端な選択をすることになるなんて思わなかった。知人も突然の訃報に衝撃が大きい」と伝えた。
チョン・アユルはつい最近、芸能界にデビューしたばかりの新人女優だ。先月7日に放送がスタートしたKBS(韓国放送公社)第2テレビ「TV小説-愛よ、愛-」で、ファン・ソヒが演じる主人公ホン・スンヒの友人役で顔を知られるようになった。永進(ヨンジン)専門大学国際観光科を卒業し、ドラマ出演に先立ち化粧品のビューティーモデルとして活動していた。
チョン・アユルは死亡前の10日、フェイスブックに「今朝、起きて目を開くと砂漠に1人ぼっちで立っている気持ちだった。19歳からずっと一人で自活して来たけど、ある日、急にこんなふうに頼る所1つない自分の部屋で、世の中の重みがとても大きく感じられた。1人では耐え切れない巨大な恐怖がのしかかってくる」と「まだ大人になりきれていないのかも。お母さんやお父さんに会いたい」というコメントを残していた。11日にも、「何をしても慰めにならない」というコメントを書き、辛い心境を吐露していた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 06月 14日 15:46