[ドラマ] コン・ユ、チャン・ドンゴンから垣間見える『流行男』とは?

「こんなに正直でいいの?」
ほとんどのドラマのキャラクターは現実で出会うのは難しい。頭から足の先まで爽やかで現実味がない。主人公たちの言葉遣いや行動もいつも優しくジェントルだ。
それが近頃変わりつつある。わがままで冷徹で、その上悪い男の姿にだんだん変わってきて、ふつうに出会える隣のお兄さん、お姉さんのようなキャラクターが多い。もちろんルックスは相変わらず現実感がない美男美女だが、彼らの言動や行動にはなんだか親近感が湧いてくる。
まずSBS週末ドラマ『紳士の品格』で40代 花の中年キム・ドジン(チャン・ドンゴン)は正直さの象徴だ。特に恋愛に関しては駆け引きなしに想いを打ち明ける。
片想いの人の負担にならないようにと見守って来たこれまでの主人公とは違い、キム・ドジンは堂々と告白する。そのくせ片想いの女性がいるからって他の女と寝ちゃいけないのか?と反論までする。
恋愛だけではない。仕事上でも自分に正直に行動しすぎて問題を起こす。依頼人にコップを投げられ怪我をした部下の話を聞き、同じことを仕返しする。後のことを考えず目の前で契約書を破る。
純粋な高校生が入り込んだからだろうか。KBS2月火ドラマ『ビッグ』のコン・ユも魂が入れ替わった途端、正直になった。婚約者キル・ダラン(イ・ミンジョン)との挙式が目前だが、なぜだか二人の仲はよそよそしい。そこに同僚女医のイ・セヨン(チャン・ヒジン)とも微妙な感じだ。
まだ、ソ・ユンジェとイ・セヨンの関係がはっきりしていないが、カン・ギョンジュンのままのソ・ユンジェは今までとは正反対の性格でイ・セヨンに接する。訪ねてきたイ・セヨンに「自分の家に帰れ」「愛しているのはキル・ダランだ」とイ・セヨンに線を引く。大人なソ・ユンジェと違いカン・ギョンジュンのまっすぐな態度にスッキリしたという視聴者の意見だ。
これに対してネットユーザーたちは「最近は正直な男が流行り?」「シックな都会的男より正直に告白するチャン・ドンゴンが何気に魅力的」「優柔不断ソ・ユンジェ NO!カン・ギョンジュン最高」など多様な意見で高い関心を見せている。

©enews24 2012年 06月 14日 13:15