[ドラマ] 『神のクイズ3』ケーブル局同時間帯で4週連続1位

シリーズ化された初の医療犯罪捜査ドラマOCN『神のクイズ3』が4週連続ケーブルTV同時間視聴率1位を記録した。
10日放送された『神のクイズ3』第4話は平均視聴率1.64%瞬間最高視聴率2.08%(AGBニールセンメディアリサーチ)を記録した。先月20日に放送が開始されてから4週連続1位、視聴率も2%を突破し、気炎を上げている。
この日の放送では成長が止まる難病、ハイランド症候群をモチーフに近隣と社会の無関心の中で犯罪者になるしかなかった親子の胸が痛む話が展開された。しっかりした構成で制作され視聴者の心を捕えた。
精神遅滞を患っている少女が養育を引き受けた伯父に性的虐待を加えられ、成長が止まる難病に侵された子供を産む。その後ひどくなる一方の伯父の虐待から逃れるために子供とともに家を飛び出し暮らしている所を検挙される。
特にこの日の内容は障害者に対する性犯罪と社会的弱者への無関心など毎日、新聞の社会面を賑わせている韓国社会の闇を赤裸々に暴いて視聴者たちの共感を呼んでいる。
放送終了後OCNホームページとTwitterなどSNSでは「胸が痛む。実際に起こらなければいいが」「今回のシリーズは特に切ない場面が多い」「地獄のような世界」などの多様な反応と関心を見せている。
これと共に唯一の証拠品であった姻戚関係である二人の遺伝子が犯人の吐瀉物をきっかけに事件解決され、医療犯罪捜査ドラマの真髄を見せた。回を重ねるごとに高まっている作品の完成度が高評価を得ている。

©enews24 2012年 06月 13日 12:39