[K-POP] 江南駅に『BIGBANGゲート』現る!!

人気グループBIGBANGの名前を付けた『BIGBANGゲート』が江南(カンナム)駅に設置された。
BIGBANGゲートは6日発売されたスペシャルエディションアルバム『STILL ALIVE』発売を記念して新盆唐(シンプンダン)線江南駅に作られたアルバム宣伝空間だ。ここではスペシャルアルバムの映像と音楽を目と耳で楽しむことが出来、ファンたちの間で注目されている。
関連業務を行っているユーアンドアイメディア側は「2日に設置されたBIGBANGゲートにはすでに多くの国内外のファンが訪れ、海外メディアも大きな関心を寄せている」と熱い反響を伝えた。
これは所属事務所YGエンタテインメント側が公式ホームページを通じてBIGBANGゲートのオープンを知らせ、ファンコミュニティーやブログなどで訪問記など関連する文章が掲載さているためだ。今後もっと多くのファンたちが新盆唐線江南駅に集まることが予想される。
ゲートはアーチ型に建てられた両サイドの柱の透明LCDを利用して高画質宣伝映像を見ることが出来、透明LCD内部にはアルバムCDを始め、ミュージックビデオ撮影時の衣装など飾られている。また内部に設置されたスピーカーでアルバム収録曲を聴くことが出来る。
関係者はBIGBANGゲートは透明LCDという最先端のメディアを活用し、ファンたちの目と耳を楽しませる新概念のアルバム宣伝方法として国内歌手では初の試みだ。透明LCDは最先端の革新技術が集約された新媒体で最先端・新概念イメージがBIGBANGのイメージとマッチするので今回の広報空間媒体にしようと試みた」と説明した。
一方、サムソンディスプレイが開発した透明LCDを第一企画、KTと共同で広告メディアとして実用化に成功したユーアンドアイメディアは3月世界初、これを利用した新概念地下鉄広告を教大(キョデ)駅、新沙(シンサ)駅、狎鴎亭(アックジョン)駅で行い、今後透明LCDを活用して様々なコンテンツをリリースする計画だ。

©enews24 2012年 06月 12日 17:48