[K-POP] SM TOWN 台湾の夜空を華麗に彩る 3万人の熱狂!

SMエンタテインメントのアーティストたちが台湾の夏の夜を美しく彩った。
SMTOWN LIVE、3度目のワールドツアーが米国に引き続き台湾でも大成功し、SMのグローバルパワーを再確認した。『SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TAIWAN』は9日午後、台北のHsinchu County Stadium(新株郡スタジアム)で華麗に幕を開けた。
この日の公演にはカンタ、BoA、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、f(x)、EXOなどSMエンタテインメント所属のグローバルスターたちが総出演、会場を埋め尽くした3万人の観客を魅了した。
また、8日台北・桃園(タオエン)空港には平日にもかかわらず、公演の為入国したSMアーティストを見ようと、1000名あまりのファンが詰めかけ、更にCTV、TBSなど台湾メディアも入国する姿を撮影し報道した。
今回の公演は各グループのヒット曲を始め、普段見ることのできないステージ、SUPER JUNIOR-M、SUPER JUNIOR ドンヘ & ウニョク、少女時代-テティソなどのユニットステージ、SMTOWNだけでしか見ることのできない特別合同ステージまで多彩なレパートリーで構成され、約4時間、50曲、完成度の高いステージで台湾の夏の夜を華麗に彩った。
特に少女時代とEXOのD.O.、チャンヨル、ルハン、セフンが共演した『DJ Got Us Fallin' In Love』、リョウク、ウニョクとEXOのチェンが完璧なハーモニーを見せた中国曲などでSMTOWNならではのステージを見せ、ファンたちから爆発的な反応を受けた。
また台湾の観客たちも公演の間中グループのイメージカラーのペンライトを振り、歌は勿論、応援までも完璧な韓国語で熱狂的な応援を続けた。終演後も席を立たずに最後の瞬間まで熱烈な歓声を送り続け、台湾での人気と熱気を実感させた。
『SMTOWN LIVE WORLD TOUR III 』は8月4日、5日に東京ドームで、8月18日はソウル、オリンピック競技場で開催する予定だ。

©enews24 2012年 06月 11日 18:14