[ドラマ] チ・ヒョヌ『ユ・インナ患い』公式の場で愛の告白!

俳優チ・ヒョヌがユ・インナに愛の公開告白をして、人々をビックリさせた。チ・ヒョヌは7日午後tvN水木ドラマ『イニョン王妃の男』終演記念ファンミーティングで「ドラマを愛して下さったファンの皆さんの前で心から告白したかった」「心からユ・インナさんが好きです。温かく見守って下さったら嬉しいです」と告白し、見守っていたファンたちと関係者を戸惑わせた。
これまで『イニョン王妃の男』で男女主人公を演じてきた二人のあまりにも息がぴったり合っている様子に放送当初から恋愛説が起きそうでもあった。しかし今回の告白がもっと驚くのは芸能人が恋愛説が出る前に公開の場で告白した前例がないためだ。
事実、今回の告白は彼が『イニョン王妃の男』を撮影している間中『ユ・インナ患い』に罹っている兆候を垣間見ることが出来た。
一番最近の例ではチ・ヒョヌは自分の撮影が全て終わっているにも関わらずドラマ撮影現場を訪ね、ユ・インナとスタッフの為にムードメーカーを買って出た。俳優が自分の撮影がない時に現場を訪れるのは極めて異例なことだが、何よりも当時はユ・インナの撮影が大詰めを迎えていたこともあり、スタッフの代わりにカチンコを持って現場のムードを盛り上げていた。カチンコに『編集するのが大変だったよ~』などと自ら書き込み、笑いを誘っていた。
そのせいだったのか、ドラマでのキスシーンがまるで本当の恋人同士のように見えた。5月24日にオンライン上で大きく取り上げられたチ・ヒョヌとユ・インナのつま先立ちキスがその例だ。『つま先立ちキス』は22㎝の身長差のため素足のユ・インナがチ・ヒョヌの足の甲に乗っかってつま先立ちしながらのキスでロマンティックなキスシーンだ。しかも、1分間放送され、女性たちの心を揺らした。
チ・ヒョヌの『ユ・インナ患い』はともすれば分かっていたことかもしれない。4月16日『イニョン王妃の男』制作発表会当時、チ・ヒョヌは「デビュー前にも彼女との縁があった。10年くらい前に会ったことがある」と打ち明けた。これに対し、ユ・インナは「歌手志望だった時、友達がThe Nutsのボーカルだった。メンバーたちを連れてきてくれて挨拶したことがあったけど、その時ギタリストだった彼と会った記憶がある」と明かした。
ドラマ『イニョン王妃の男』の演出家キム・ビョンスPDが「ドラマが終わりにさしかかった頃に本当に付き合ったらいいのに」と冗談を言ったがチ・ヒョヌは「そうなったらむしろ、ありがたいですよ。ベーグル女で白く透き通った肌だし」とまんざらでもなかったようだ。その冗談のような発言が7日ドラマの終了とともに現実になった。

©enews24 2012年 06月 08日 18:46