[芸能] 映画「クラシック」制作会社、「ラブレイン」を著作権侵害で提訴

映画「クラシック」の制作会社がドラマ「ラブレイン」を相手取りに「著作権を侵害した」として訴訟を提起した。
「クラシック」の制作会社のエッグフィルムは7日午前に報道資料を通じ「ドラマ『ラブレイン』の制作会社ユンスカラーとKBSを相手取り『ラブレイン』に対するドラマ放映禁止と著作物処分禁止など仮処分申請をソウル中央地裁に提出した」と明らかにした。
続けて、「『ラブレイン』が『クラシック』の具体的なあらすじや事件の展開過程、登場人物間の相関関係だけでなく人物の内面を表現し事件を展開するのに重要な役割をする場面まで無断盗用した。これに先立ち5月16日に内容証明を通じドラマ制作会社と放送局に著作権侵害行為を中断するよう求めたが合意点を見いだせず現状況に達した」と説明した。
また、エッグフィルム側は「『ラブレイン』が友人との友情のため愛する女性と別れてから2人の男女の子どもが現時点で新たな愛を完成させていくという内容など『クラシック』の基本あらすじをそのまま借用した。『クラシック』に登場した主要場面をそのまままねたようなカットを乱発するなど独創的なコンテンツを無断で使った」と主張している。 

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 06月 07日 11:47