[K-POP] SM イ・スマン プロデューサー、米国で文化賞受賞

大手プロダクションSMエンタテイメントのイ・スマンプロデューサーがK-POPを広めた功績を認められ、4日米国ニューヨークで行われた『The Korea Society』の55周年記念晩さん会の席で文化賞を受賞した。
『The Korea Society』は韓米関係強化の為1957年設立された民間団体でジェイムス・レイニー前駐韓大使などが理事として参加し、韓国関連の事業を展開し、政治、経済、文化交流に関心を持とうとする韓米主要人物を招待して開催されているものだ。
特にイ・スマンプロデューサーはCT理論を基に体系的なプロデュースを通じ、米国にK-POPを拡散させた先駆者として韓国大衆文化に対する米国民の関心を高めたことに大きく貢献した。これらの韓米間の文化交流と協力関係増進に寄与した功績が認められ『文化賞』授与に至った。
この日イ・スマンプロデューサーは「『Culture First, Economy Next(文化が先、経済は次)』をキャッチコピーに文化が進出して人気が出れば、波及効果が経済的な部分にもつながると考え、ビジネスを推進してきた」「実際に韓国の大衆文化が海外に進出し、人気を博すと韓国自体の認知度が上がり、その上韓国のブランド、企業で生産される製品に対する関心にまで繋がっている状況だ。これからも世界的に進出できる優秀なコンテンツとアーティストを継続して輩出できるよう更に精進したい」と話した。
この日イ・スマンプロデューサー以外にもハン・ドクス韓国貿易協会会長、チョン・ウンチャン前国務総理など各界を代表者が参席した。

©enews24 2012年 06月 06日 18:55