[K-POP] BIGBANG 現代カードとタッグを組んで新プロジェクト

男性グループBIGBANGが現代カードとタッグを組んでインディーズバンドが成長できる新たな機会を提供する新プロジェクトを進行する。
5日午後、ソウル汝矣島現代カード本社で記者会見を開き、現代カードとの新たなコラボレーション企画が進行中であると明らかにした。
BIGBANGは、現代カードとタッグを組んでRe-Brandingプロジェクトを進めており、ミュージシャン中心の『現代カードMUSIC』で『Re-Monsterプロジェクト』を進行する。
 特に、『Re-Monsterプロジェクト』はBIGBANGが現代カードと一緒に作業し発表した新曲 『MONSTER』をインディーズバンドが自分たちだけの色にアレンジした後、『現代カードMUSIC』に音源をあげて、審査に合格したミュージシャンたちに、デジタルシングルアルバム発売の機会を提供するイベントだ。
 これに対してG-DRAGONは「個人的にこのプロジェクトに多くのインディーズバンドが参加してくれるのを願っている」「私達の曲だが、私たちもどのようにアレンジされるか、とても興奮している」と話した。
引き続きG-DRAGONは「このコンテストで1位になったバンドは、YGでシングルアルバムを制作してもらおうと思っています」「希望するならBIGBANGとコラボレーションすることも。でも嫌なら仕方ないですね」と笑った。
 G-DRAGONは「作曲家の立場からみればインディーズバンドの持っているクール感や多様なアレンジが出てくればいいと思う」と願いを明かした。
現代カードのペク・スジョン室長は「今回の音源は『現代カードMUSIC』のフリーマーケットを通じて流通させる。既存の流通システムとは違った体系を構築する作業だ。今回参加するミュージシャンは直接収入を得ることが出来、こういったシステムを通じてインディーズバンドの経済的自立を助ける趣旨を持って始めた」とコメントした。
BIGBANGは現代カードとタッグを組んで新しいロゴやアルバムジャケットデザイン、ガイドブック制作などを行う『Re-Branding』プロジェクトを進行中だ。今回の共同作業の一環として発表されたスペシャルアルバムは新曲『MONSTER』を始め今までのヒット曲も収録されている。

©enews24 2012年 06月 06日 14:48