[ドラマ] コン・ユ たくましい背中の筋肉を大公開!

俳優のコン・ユが背中に刻まれた"翼の筋肉"で70分のドラマを圧倒した。
4日に初放送されたKBS(韓国放送公社)の月火ドラマ「ビッグ」では、ソ・ユンジェ(コン・ユ扮)が死亡宣告後に遺体安置室で意識を取り戻す姿が描かれた。
ソ・ユンジェは交通事故車両を避けようとしてガードレールに衝突し川に落ちた。なんとか車から脱出して、一緒に川に落ちたカン・ギョンジュン(シン・ウォンホ扮)を助けたものの、病院に運ばれた後に死亡判定が下された。キル・タラン(イ・ミンジョン)は婚約者ソ・ユンジェの死亡診断に嗚咽した。しかし遺体安置室にいるソ・ユンジェはすぐに意識を取り戻して起き上がった。裸のまま覚醒したソ・ユンジェは、遺体安置室の器具に映った自分の姿を確認しようとして驚愕を禁じえなかった。ソ・ユンジェとカン・ギョンジュンの魂が入れ替わっていたのだ。
この過程で、女性視聴者の目を釘付けにしたのはコン・ユの背中の筋肉。背中には翼の形の隆々とした筋肉が刻まれていたからだ。また背中や正面の様子をざっと見回しても全く欠点がない身体は、70分間のドラマ内容を忘れさせるには十分だった。
一方、「ビッグ」の第1話は全国視聴率7.9%(AGBニールセンメディアリサーチ)を記録した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 06月 05日 19:31