[芸能] ユチョン「弟と一緒にカンヌのレッドカーペットを歩きたい」

歌手兼俳優のユチョンが現在俳優として活躍中の実弟パク・ユファンと共にカンヌのレッドカーペットを歩きたいと望みを明かした。
ユチョンはenewsとのインタビューで記者の「絶対にしてみたいことがあるか?」との質問に「実弟、パク・ユファンと一緒にフランス カンヌ映画祭のレッドカーペットを歩きたい。今持っている次の目標」と打ち明けた。彼は昨年12月30日に開かれた『2011 MBCドラマ大賞』と4月の『百想芸術大賞』にパク・ユファンと同席していた。
ユチョンは「次回作であれ一緒に行けるチャンスがあれば、絶対一緒カンヌのレッドカーペットを歩いてみたい」「『百想芸術大賞』の時、一緒に行ったのですが、とてもよかった。兄弟がひとつのテーブルに座っただけでも胸がいっぱいになった。カンヌに行って一緒に写真が撮れたら嬉しい」と期待を口にした。
これに続き、「弟のユファンの方が僕より英語が上手い。通訳として使ってもよさそうだ。ははは」と冗談を言った。
ユチョンは『屋根裏部屋の皇太子』で皇太子イ・ガクを好演し、大きな人気を博した。

©enews24 2012年 06月 05日 14:25