[K-POP] KARAク・ハラがINFINITEのファンに謝罪した理由とは?

KARA(カラ)のク・ハラがINFINITE(インフィニット)のファンに向けて謝罪をした。
ク・ハラは3日、ツイッターに「メンタル崩壊の1日。INFINITEのファンの皆さん、エンディング時間が短く、仕方なかったんです。本当にすいません。INFINITEが1位になったことをもう一度お祝いします」という謝罪コメントを出した。
3日に生放送で行われたSBS(ソウル放送)の音楽番組「人気歌謡」で、グループのINFINITEが「追撃者(The Chaser)」でデビュー後初の"ミュティズン(注)ソング"を獲得した。与えられた放送時間よりもメンバーの受賞感想が長かったため、MCのク・ハラは仕方なく彼らの言葉をさえぎることになってしまった。INFINITEのアンコール舞台も放送されなかった。これについてINFINITEのファンは、放送が終わるとインターネットコミュニティーで不満を表した。
ファンの不満が大きくなったため、司会を務めていたク・ハラが当時の情況を説明し、謝罪の気持ちを表したものとみられる。
ネットユーザーは「放送時間のせいなのに、わざわざ謝罪する必要まであるのか」「先に謝ったからク・ハラは偉い」「ファンとしては腹が立つのも無理のないことだと思う。それでも謝罪したのだから、不満は消えるだろう」とコメントした。 
注:ミュージックが好きなネチズンの略語で、"ミュティズンソング"は「人気歌謡」で事実上の1位を示す賞。 

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 06月 04日 18:55