[K-POP] BIGBANG「MONSTER」一日で再生回数300万突破

































男性グループBIGBANGの新曲「MONSTER」のミュージックビデオが公開一日でYouTubeの再生回数300万を突破し、K-POPスターの中で歴代最短で最多再生回数を記録した。
BIGBANGの「MONSTER」再生回数は4日午前7時現在、301万3554回を記録している。これだけではなく、先行して公開されたメンバー別ティーザー映像再生回数もT.O.P(トップ)200万回、G-DRAGON(ジードラゴン)160万回、SOL(ソル)(テヤン)94万回、V.I(ヴィアイ)(スンリ)88万回、D-LITE(ディライト)48万回を記録し、ティーザー映像だけで約590万再生を記録。ミュージックビデオまで合わせると約890万回を記録する爆発的な反応を見せている。 
これまで国内のミュージックビデオでは見られなかったブロックバスター級のミュージックビデオで話題を集めているBIGBANGの「MONSTER」は、メンバー各自の個性に合わせて、「MONSTER」のキャラクターを新しく作り出しつつ、トレンドを導くグループらしくスタイリッシュさも欠かしていない。
編集・仕上げ作業にだけで、ひと月ほどを力を入れたという特殊効果は、単にミュージックビデオだと呼ぶにはもったいないほど映画のような映像美で、5分近い映像時間が感じられないほど夢中にさせる。
ミュージックビデオだけでなく、音源もチャートを席巻している。「MONSTER」が公開されるやいなや、全オンライン音源チャート1位を総なめにしたのをはじめ、スペシャル・エディション「STILL ALIVE」に収録された新曲も全て1位から5位までを独占し、最高の男性グループであることを見せつけている。
特にBIGBANGは今回のアルバムでの活動を念頭に置いていないにも関わらず、一般的な正規アルバムに劣らない爆発的な関心を集めており、'やはりBIGBANG'と称賛されている。
一方、現代カードとのコラボレーションとして特別に製作されたスペシャル·エディション「STILL ALIVE」のCDは、来る6日、全国オン・オフラインで発売され、BIGBANGは現在、日本で25万5000人を動員するワールドツアーコンサートを行っている。

©enews24 2012年 06月 04日 18:48