[ドラマ] パク・ユチョン『屋根裏部屋の皇太子』でジミン姉さんに出会ったのは大きなプレゼント

 歌手で俳優のパク・ユチョンがドラマ『屋根裏部屋の皇太子』でハン・ジミンに出会ったのは、大きなプレゼントをもらったようだと共演した率直な気持ちを明らかにした。
 最近enewsのインタビューを受けたパク・ユチョンは"屋上裏部屋の皇太子"で切ない愛を分かち合う恋人として共演したハン・ジミンについて、深い満足感と感謝の気持ちを表した。何よりも彼と話す内、ハン・ジミンを"ジミン姉さん"と呼び、特別に親しい様子も表した。 
 パク・ユチョンは「ジミン姉さんと最初にテスト撮影をした時は、姉さんが前の作品が終わったばかりで、とても疲れていた。」と言い、「幸い腹心の3人と初めて撮影を一緒にして違和感が少なかった。」と初めての撮影当時を振り返った。
 続けて「そんな出会いで始まり、何よりもジミン姉さんが元々相手を楽にしてくれる気さくで、さばさばした性格で、後で姉さんが『君は私がとても楽だと思ってる?』という言葉が出たほどに気楽になった。」とし、「こういう状況で演技をすると、息もよく合って、セリフも一、二回だけ合わせればよかった。」と自慢した。
 彼は特に「ジミン姉さんは僕が演技をする上で、先輩として多くの助けになった。」とし、「例えば監督と意見を共有する必要がある時は、まず席を用意してくれる配慮をしてくれた。とてもありがたい瞬間が多かった。」と話した。
 そのためか、パク・ユチョンはハン・ジミンに対して「どんな男性俳優と共演しても相乗効果を出すことができる女優」と絶賛した。
 パク・ユチョンは「本当にいい人に出会ったようだ。『屋根裏部屋の皇太子』をやって、本当に幸運だったと感じたのが、良い仲間に会い、ハン・ジミンという良いパートナーに出会ったのが大きなプレゼントをもらったんじゃないかとなと思う。」と重ね、ハン・ジミンへの感謝の気持ちを強調した。 
 二人の相性のおかげで『屋根裏部屋の皇太子』は、水木ドラマ視聴率1位で有終の美をおさめ​ることができた。

©enews24 2012年 06月 04日 18:35