[映画] イ・ビョンホン 時代劇初挑戦 映画『光海、王になった男』今秋公開!

























 ワールドスター、イ・ビョンホンの初時代劇出演作『朝鮮の王(仮題)』が『光海、王になった男(企画、提供、配給CJエンタテイメント、製作リアライズピクチャーズ、監督チュ・チャンミン)』に最終決定され、今秋公開される。
 『光海、王になった男』は、朝鮮光海君8年、毒殺の危機に置かれた王の代わりに偽の王になることになった賎民ハ・ソン。偽の王になる過程で巻き起こる出来事を描いた作品だ。イ·ビョンホンがデビュー以後初めて時代劇に挑戦して話題を集めた。イ·ビョンホンはこの作品で王と賎民の対極のキャラクターを行き来しながら1人2役の演技を見せる予定だ。
 CJエンターテイメントは「賎民が朝鮮にふさわしい真の王になっていく姿を通じて、観客をカタルシスに誘う。光海はないハ・ソンが光海になっていく部分にフォーカスを当て、最終的にタイトルを『光海、王になった男』に決定した」と説明した。
 イ·ビョンホンは現在大詰めに入った映画撮影の真っ最中だ。当初イ·ビョンホン2作目のハリウッド出演作『G.I.ジョー2』が6月に公開される予定だったが、来年3月に封切りが延期され、ファンはまずこの映画で彼に会うことになる。
 一方、この映画は、イ·ビョンホンのほか、ホギュン役にリュ·スンリョン、本物の王と偽物の王という秘密の間で葛藤するヒロイン中殿をハン·ヒョジュが演じる。またキム·ミョンゴン、キム·イングォン、シム·ウンギョンなど演技力と興業力の両方を備えた実力派俳優たちが加勢する。

©enews24 2012年 06月 01日 20:35