[芸能] おしゃべりユ・ジェソクVS無口なユ・ジェソク「国民的MCにも二つの顔?!」

『国民的MC、ユ・ジェソクに二つの顔?』
 人間誰しも両面性を持っているものだ。例えば、家の中と外では明らかに違う姿を見せるなんて良くある話だ。『国民的MC、ユ・ジェソク』の場合も同じである。気配りと誰をも家族にしてしまうような包容力で全国民の人気を博しているが、意外な姿もあることに関心を集めている。
 KBS2『ハッピートゥゲザー シーズン3』の司会を任されているユ・ジェソクは5月31日の放送で外での姿と家での姿が違うことを打ち明けた。これはゲスト出演したオ・ユナの、結婚前は無口なほうだったのに、結婚したら口数が多くなっておしゃべりになった」という話の延長で出たもの。
 オ・ユナは「少し前にドキュメンタリーの撮影で海外に行ったんだけど、現地にいる人たちがとても寂しそうに見えた。だから自分でも知らないうちに沢山話かけたんだけど、後で見たらひとりで喋ってひとりでリアクションしていた」と逸話を披露した。これに家ではあまり話をしないという彼の話がつながった。結局おしゃべりも職業病だということになり、現場は笑いの渦になった。
 特にユ・ジェソクは「外で沢山喋ると家では休憩しなきゃならない」と話し、プライベートに仕事は持ち込まず、ただ休息を楽しみたいという彼の正直な気持ちが垣間見れた。パク・ミソンが「家に帰れば倒れるって噂を聞いたけど」と冗談交じりに質問すると「外であまりにも喋り続けていると家では脱力状態になる」と正直に答えた。
 竹馬の友特集であったこの日の放送はカンタ、イ・ジフン、オ・ユナ、Ivyが出演してトークバトルを繰り広げた。

©enews24 2012年 06月 01日 20:09