[芸能] 2PM 韓国歌手初の武道館6日間公演

 「夢が叶った。武道館6日間コンサート!」
 2PMが情熱的な歌と熱いパフォーマンスで武道館を征服した。躍動的で強烈なパフォーマンスと茶目っ気で武装した6人の魅力的なメンバーたちが武道館だけでなく日本列島を興奮のるつぼに陥れた。
 2PMは韓国歌手として初めての5月24日、25日、28日、29日、30日、31日の6日間、武道館で2PM 2012ライブ『6 beuatiful days』を行い、1公演あたり1万人、計6万人の観客を動員し、日本での熱狂的な人気を証明した。
 公演前より2PMのテーマカラーである白いペンライトが振られ、2時間30分の公演中、巨大な白い波を作り出した。ヒット曲パレードを始めバラードではロマンティックな光を降り注いだ。メンバーたちはファンの応援と歓声に情熱的なパフォーマンスで応えた。
 2PMは自他共に韓国最高のアイドルグループであることを証明した。公演の間中、強烈なダンスと歌を聴かせながらも日本語でファンたちと対話をし、野獣アイドルのイメージに拘らず、悪戯っけたっぷりのコメントでお腹を抱える程ファンを笑わせ、親しみやすい姿を見せた。
 メンバーたちは『待ってて疲れるよ』『キミが憎いよ』『10点満点の10点』などの韓国ヒット曲と日本で発表した曲を入り混ぜてファンたちに披露した。ファンたちは日本語曲を歌うのは勿論のこと韓国語でも一緒に歌い、更にダンスも踊り体全体で楽しさを表現した。2時間30分を超える公演でまるで約束でもしたかのようにファン全員が歌って踊って声援を送った。
 何よりも今回の公演ではメンバーそれぞれの色が光った個人ステージだった。24日のチャンソンを皮切りに25日テギョン、28日ウヨン、29日ニックン、30日ジュンス、31日ジュノが多彩なステージを通して個性を発揮してファンの期待を更に高めた。その中でテギョン、ジュンス、ジュノは自作曲を披露し、ファンに思いを伝えようとする姿が印象的で、特に腕の怪我を押して情熱的なステージを見せたテギョンにファンたちは大きな拍手と激励を送った。
 この他にチャンソンはまるでミュージカルの一場面を見るようなコンテポラリーダンスを見せ、ニックンはブルーノ・マーズの『Just the way you are』をピアノ演奏と共に甘美な歌を聴かせ、新しい姿を見せた。
 ウヨンは中島美嘉の『Orion』を日本語で歌い、ジュンスは父親を思い作った曲を披露した。ジュノはドラム演奏で強烈な印象を残した。
 また今回の公演では6月6日に発売されるシングル『Beautiful」をお披露目した。
 デビュー5年目である彼らのこれまでの成長は勿論、この先の可能性を見せる公演だった。彼だけのスタイルで日本列島を熱くすると宣言した通りのステージだった。
 あるファンは「他のアイドルグループとは違う魅力を持っているので2PMが好きだ」と話し「今日も歌とダンスは勿論、ファンに可愛い姿も見せてくれてプロの姿と友達のような魅力を見せてくれて、大満足のコンサートだった」と話した。
 また今回のチケットは発売するや否や完売となり2PMのチケットパワーを立証した。今回参加できなかったファンの為に6月5日、6日の両日横浜アリーナで追加公演を行い、またファンを熱くさせる予定だ。

©enews24 2012年 06月 01日 15:08