[芸能] [放送] ジェジュン「彼は『Dr.JIN』の秘密兵器だ」

 JYJメンバー、ジェジュンが『タイムスリップDr.JIN』の秘密兵器?
 MBC週末ドラマ『タイムスリップDr.JIN』制作陣はジェジュンが演じているキム・ギョンタク役について「重要な要素を担当している人物」と語った。
 韓流スター、ソン・スンホンは作品の主人公でドラマを引っ張っていく外科医ジン・ヒョクを、演技派俳優、イ・ボムスはその時代の王イ・ハウンを引き受け、序盤から注目されている。その反面、ジェジュンの演じる捕盗庁従事官キム・ギョンタクは原作である日本の漫画やドラマに存在しない。これによってキム・ギョンタクが必要か否かの議論がなされたりもした。
 これについて『タイムスリップDr.JIN』制作陣はenewsに「韓国の背景に合うように原作を脚色した。ストーリーの中核となるジン・ヒョクと対立する安東金氏勢力を描きだしながらドラマティックな要素を追加するため設定された人物だ」と説明した。
 結局キム・ギョンタクは原作漫画や日本のドラマと区別する登場人物としてジン・ヒョクとヨンレ(パク・ミニョン)との三角関係になるだけでなく、従事官であるが妾腹の子であることで身分の限界を感じ安東金氏勢力やイ・ハウン、農民たちの間で葛藤する立体的な人物だ。
 『タイムスリップDr.JIN』1、2話でジェジュンは期待以上の演技で無難にキム・ギョンタクをこなし、一部の憂慮する声を一蹴した。
 これとともにジェジュンが歌うOST『生きていても夢のように』も発表されるとすぐにオンライン音楽サイトで上位に入り、OSTと同時にドラマへの関心も高まっている。
 『タイムスリップDr.JIN』は10年間連載された日本の同名漫画が原作で2012年、韓国最高の外科医がタイムスリップした1,860年代の朝鮮時代で医師として孤軍奮闘する姿を描いたファンタジーメディカルドラマだ。

©enews24 2012年 06月 01日 15:04